1. キャビテーションEYE
  2. キャビテーション
  3. キャビテーションとハイフは何が違う?体形タイプ別おすすめマシン

キャビテーションとハイフは何が違う?体形タイプ別おすすめマシン

大木さん

ハイフって効果あるって聞いたけど、キャビテーションとなにが違うの?エステの機械ってたくさんあってわからないわ。

ハイフは1回で効果が出るから、今人気のマシンなのよ。キャビテーションとハイフの違いについて説明するわね。

キャビテーションとハイフは似ているようで、ちょっと違いがあります。
どちらも超音波を利用するのは同じです。

では早速、違いを見ていきましょう。

キャビテーションの仕組みって?

キャビテーションの仕組みは、超音波で脂肪に泡を発生させ、泡が壊れる勢いを利用して、脂肪を破壊していく仕組みになっています。

即効性が高く、現在は痩身エステと言ったら「キャビテーション」を指すくらいの普及ぶりとなっています。

ただし、破壊した脂肪は流さないと同じ部分で再度固まってしまうので、キャビテーションをしたらマッサージをする必要があります。

ハイフの仕組みって?

ハイフも超音波を利用するのですが、キャビテーションとはちがい、特殊なレンズで超音波を一点に集め、脂肪を破壊する仕組みです。

ちょっとわかりにくいですが、太陽の光を虫眼鏡を利用して一点に集めると、煙が出てくるという実験をしたことがあるのではないでしょうか?

その仕組みと同じです。

そのため、ハイフは皮膚の深部まで当てることができ、
他の機械では肌の0.5cmほどのところまでしか当てることができませんが、
ハイフは皮膚の1.3㎝まで当てることができるので、脂肪の深部から破壊することができます。

これが、ハイフは1回で痩せることができる、という口コミの理由です。

ハイフって安全なの?

こういった仕組みを聞くと、超音波だったり、脂肪を破壊する、だったりと怖い言葉が並びますが、
本当に安全なの?と思う方も多いです。

数年前に、ハイフは火傷をする可能性がある、というニュースにもなりました。

なぜこんなニュースが出たかというと、ハイフは実は、ガンなどの治療に使う仕組みを痩身に応用している技術なのです。

威力が強ければ、細胞の悪い部分を取り除ける、という部分で言うと、確かに火傷をする可能性はあります。
ただし、これは医療用ハイフのお話。もちろん、使用するには資格も必要です。

エステ用のハイフは、医療用のハイフよりも弱い設定にされており、火傷することはほとんどありません。

とは言え、全く知識がなさそうなエステに行くことはオススメできませんよ。ハイフに関わらず、他のマシンを利用するにしてもトラブルが起こる可能性があるので、エステを選ぶ場合は、オススメと言われているエステや、口コミをしっかり確認した方がいいです。

キャビテーションは破壊した脂肪を流す必要があるけどハイフは?

キャビテーションは、破壊した脂肪を流す必要がありますが、ハイフは流さなくていいの?と思った方、正解です!

ハイフも、破壊した脂肪を流す必要があります。

ハイフの場合、破壊された脂肪細胞が外に出るまでに、約4~12週間(1ヶ月~3か月)かかると言われています。

ということは、その間も徐々に痩せていきます。すごいですよね!

1回の施術で最大3か月も効果が持続するのですから、ハイフが人気の理由が分かります。

ハイフってどれくらい話題なの?

ハイフがどれくらいダイエッターに人気かというと、今後はハイフしかしなくていい!なんて言っている人もいるくらいです。

1回で効果がある上に、数か月も効果があるのですから確かにハイフしかしなくていい、という気持ちはわかりますね。

ただ、ハイフを置いているエステはあまりありません。

高額なマシンなので、あまり導入できるエステサロンがないのかもしれませんね。

ハイフはリバウンドしないの?

ハイフはリバウンドしにくいというメリットがあります。

なぜかというと、ハイフは脂肪細胞を破壊するため、脂肪細胞が根本から解消されるためです。

リバウンドの原因は、脂肪細胞が残っていることにあります。
脂肪細胞があると太る原因にもなり、リバウンドの原因にもなります。

ハイフにデメリットはないの?

ここまで、ハイフのいいことばかりに焦点を当ててきましたが、ハイフにデメリットはないの?と思った方もいらっしゃると思います。

ハイフのデメリットは、ある程度脂肪がないと施術できない、ということ。

先ほど紹介したように、ハイフは脂肪の深いところに当てることができるので、痩せている人はハイフを利用することができません。

また、施術中、痛みを感じる方もいるようです。
耐えられない、というほどではありませんが、痛みを感じるようであれば、スタッフさんに確認するようにしましょう。

私もハイフを受けた事があるけど、痛みはほとんど気にならなかったわ。友達も痛みを感じている人はほとんどいなかったわよ

ハイフにダウンタイムはある?

ハイフにダウンタイムはありません!
ただ、週に何回もすることはできず、月に1回~2回が目安となります。

ハイフって高いの?

ハイフは効果抜群みたいだけど、高いの?なんて思いますよね。

ハイフが受けることができるのは、エステサロンやクリニック。

エステサロンは大体1回2万円くらい。
初回お試しで数千円でできるエステサロンもあるようです。

クリニックは金額が高くなり、3㎝×3㎝の範囲で8000円~1万円くらい。
希望の範囲によって金額が変わってきますが、腹部であれば、1回40万円くらいになります。

かなり高額ですね。
ハイフを体験するのであれば、エステがオススメです。

エステでも十分効果があるためです。

どういう人がハイフがおすすめ?

ハイフがオススメの人は、本当に太っていることが気になっている、コンプレックスになっている人にオススメです。

ハイフは、決して安い料金ではありません。
エステサロンで金額を比較すると、キャビテーションの1.5倍~2倍はします。

そのため、本当に肥満が気になっている、即効性がほしい、という方はハイフがオススメです。

キャビテーションがオススメなのはどんなタイプ?

キャビテーションがオススメなのは、セルライトやむくみなどが気になっている人にオススメです。筋肉太りという方も、キャビテーションがオススメです。

まとめ

ハイフについて、少し理解していただけたでしょうか?
ハイフは効果が高い!という口コミもありますが、ハイフを受けられない方もいらっしゃいますので、キャビテーションとハイフは、自分の体系に合わせて選択してくださいね。

キャビテーションとハイフで迷う、という方は、エステのカウンセリングにて、スタッフさんに相談するといいでしょう。

関連記事

  • 気まずいキャビテーションエステの勧誘の上手な断り方3選

  • キャビテーションはリバウンドするの?絶対にリバウンドしない方法2選

  • キャビテーションで小顔や二重顎は解消できる?効果を出すコツと副作用

  • キャビテーションとラジオ波はどっちが効果的?体質別の効果的な順番

  • キャビテーションは痩せない?口コミからわかる効果が出る人出ない人

  • キャビテーションで効果が出る部位、通う頻度、効果を持続させる方法