1. キャビテーションエステ体験が安いのは?【キャビテーションEYE】
  2. 気まずいキャビテーションエステの勧誘の上手な断り方3選

気まずいキャビテーションエステの勧誘の上手な断り方3選

キャビテーションエステの勧誘の断り方

キャビテーションエステを体験したあと、
必ずやってくる「勧誘タイム」

色々なエステを体験したい、と思っていたり、
まずは体験して、あとからゆっくり考えたい、という方も多いと思います。

今回はエステの勧誘の断り方をご紹介します。

丁寧な断り方3つ

【他のエステサロンも体験していることを伝える】
勧誘がはじまり、エステティシャンの話がある程度終わったら、
「他のエステも体験した後に決めたい」ということを伝えましょう。

そうすると、結構割引してくれたりしますよ。
ただ、何日以内に決めてください、なんて言われたりします。

契約したいな、と思っていても、
一度言ってみることをオススメします!

「安いから契約した方がいいかも、どうしよう・・」と悩んだら、
焦って決めるよりは、しっかり色々なエステを体験してから決めた方がいいです。

エステの料金は決して安くありませんから。

【体験後の経過を見たい】ことを伝える
体験後の経過を見たい事を伝えれば、
その場から解放してくれますね!

でも、1回だけじゃわからないことが多いです、なんて言われたりすることもあるので、
そこはしっかり、痛みなどが出ないか見たいです、と伝えておきましょう。

過去に1度、施術後に赤みが出たことがある、などと言っておくと、
それ以上勧誘されることはないでしょう。

【お金が心配なので検討させてほしい】
ない袖は振れません!
お金がなければ契約することもできませんから、
収支の確認をしっかりしたいので、一旦検討させてほしい、ということをエステティシャンに伝えましょう。

施術中に勧誘された場合

勧誘は、施術が終わってから、という決まりはありません。
もちろん、施術中に勧誘されることだってあります。

例えば、施術している最中に、
「このあたりのお肉も気になりますね~」と、
今回施術する予定じゃない部分も指摘されたりします。

そんな時はあまり話しに乗らず、
「そうですね~・・・」と、気まずそうな雰囲気を出して乗り切りましょう。

話に乗ると、そのままコース紹介されてしまいます。

また、施術中に、コースの説明をしながら、
自然に勧誘してくるベテランさんもいます。

ベテランさんって本当に勧誘がうまい。

「この前こんなことがあって~」
「こんな時って○○さん、どうしてますか~?」

と、日常会話のような会話から勧誘してきます。

そんなときも、余計なことは言わず、
「そうなんですね」と相づちを打つ程度で会話を乗り切りましょう。

【旦那に聞かないとわからない】
エステの契約については、旦那にも相談しないと決められない、と伝えるのもあり。
「亭主関白で困るんですよね~」くらい言っておきましょう。

カウンセリングシートも見られている

実は、カウンセリングシートを見て、勧誘できるかどうかを見極めたりしています。

エステはお金がかかりますので、
お金がない人には、あまりしつこく勧誘しません。

例えば、職業は会社員であっても、
フリーターや主婦にしたり、年収も少なく記載しましょう。

こんなことを書いて、「なんでこいつエステに来たんだよ」と
エステティシャンに思われたくない、という方もいらっしゃると思いますが、
もしエステティシャンからそんな雰囲気が醸し出されていたら、

「想像より高くてびっくりしてます」

などと、料金体系が高くてびっくりしているようにふるまいましょう。

どうしても断り切れない!という場合

あまりにも勧誘が強くて断り切れなかった、という場合、
契約書を書いてから、すぐにクーリングオフするのもありです。

クーリングオフをする際の電話は、
大抵、エステの店舗ではなく、コールセンターですので、
気兼ねなくキャンセル可能です。

もちろん、クーリングオフの期間内であれば、
お金はかからないはずです。

このあたりは、契約する際にエステ側にしっかり確認しておきましょう。

勧誘が強い傾向のエステサロン

勧誘が強いのは、やはり大手のエステサロン。

本当、大手のエステサロンって強気ですので、
断りたいなら強気でいく必要があります。

私は過去に、契約するまで帰さない、くらいの勧誘をされたことがあり、
そのときはあまり望んでいなかったにも関わらず、最短のコースで契約したことがあります。

体験の時って、大抵ベテランさんが着いちゃうので、
断るなら断固、「今日は契約しない」と言い続ける必要があります。

あまりにもひどい勧誘をされた場合

あまりにもひどい勧誘だな、と思ったら、
消費者センターへ相談しましょう。

もちろん、勧誘時にエステティシャンに伝えても構わないです。

強い勧誘はほとんどない

ここまで勧誘された際の断り方をお伝えしてきましたが、
大抵、そこまでひどい勧誘はありません。

「今日契約するのは難しい」
「お金が心配なので、いったん検討させてほしい」
「他のエステも体験したいので、またご連絡します」

このあたりの断り方をすれば、
大抵サッと引いてくれます。

あまり勧誘を怖がらず、思いっきり体験してきてくださいね!

まとめ

エステ体験は、契約するための検討材料として行うものですので、
一切契約する気がない方が体験に行くのも、エステ側に対して失礼になります。

しっかり契約する態度は見せつつ、検討させてほしい、ということを伝えるようにしましょう。

もちろん、「ここで契約したい!」と思ったら、どうぞご契約されてくださいね!
自分にあったエステが見つかることを祈っています!