1. キャビテーションEYE
  2. キャビテーション
  3. キャビテーションはリバウンドするの?絶対にリバウンドしない方法2選

キャビテーションはリバウンドするの?絶対にリバウンドしない方法2選

キャビテーションでダイエットをしたら、
リバウンドするかどうか、気になる人も多いようです。

「ダイエットが失敗した」という場合のほとんどが、
このリバウンドが原因ではないでしょうか?

日本人がダイエットをした結果、
なんと60%の方がリバウンドを経験しているようです。

ダイエットをしている人の半数以上がリバウンドしているのですね。

キャビテーションでダイエットをしたら、
リバウンドするかどうか?について、検証していきたいと思います。

そもそもリバウンドはなぜ起こる?

そもそも、リバウンドが起こる原因は、
無理なダイエットが原因です。

無理なダイエットとは、食事の制限が極端だということ。

人の体は、飢餓に耐えられるようになっていて、
少量の食事でも、生命を維持できるようになってます。

具体的にどういうことかというと、
突然食事の量が減らした場合、体は緊急事態だととらえ、
少量のエネルギーだけで生活できるような体になります。

これは停滞期にも関わっていて、
はじめは順調に体重が減っていても、
体が少量の食事に慣れ、少量のエネルギーで生活できるようになってくると、
体重が落ちにくくなるのです。

そして、ダイエットを諦めて食事を元に戻したとしても、
体は少量のエネルギーで生活できるようになっていますから、
ダイエット前より脂肪が蓄積しやすいようになっているのです。

これがリバウンドの正体です。

また、ダイエットを諦めた途端、爆食いしてしまった経験はありませんか?

これは、極端な食事制限をしていると、
満腹中枢を刺激する物質が減ってしまい、
「満腹感」が得られにくくなっているためです。

満腹中枢を刺激する物質を「レプチン」というのですが、
「レプチン」が正常に戻るのに、約1か月ほどかかりますから、
ダイエットを諦めた後の1か月間は、食べ過ぎてしまう傾向があるのです。

キャビテーションが痩せる原理とは?

リバウンドは、食事制限に問題がある、ということが理解いただけたかと思います。

では、今度はキャビテーションが痩せる原理を確認しましょう。

キャビテーションは、脂肪細胞にのみ働きかけるマシンで、
特殊な超音波で脂肪細胞を高速に振動させて気泡を発生させます。

その希望が破裂するのと同時に、脂肪細胞も破壊され、
体の外に出ていく、という仕組みです。

ということは、、
キャビテーションはリバウンドする要因がありません。

キャビテーションでリバウンドするかどうか、と言ったら、
キャビテーションではリバウンドする要因がないのです。

キャビテーションでリバウンドしたという口コミがあるのは?

キャビテーションでリバウンドした、という口コミがあるようですが、
これは、要因が2つあるかと思います。

1つ目は、キャビテーション以外のダイエットを実施していること。

キャビテーションは、自宅でマシンを使っている方もいれば、
エステに通っている方もいらっしゃいます。

共通していることは、「痩せたい」という意識が高いこと。

そうなると、食事制限をしている方も多くなります。

特に、エステの場合、キャビテーション以外にも、
ダイエットに成功するために、食事の注意点なども細かく指導してくれるエステもあります。

基本的に、エステティシャンはプロですので、
極端な食事制限を迫ることはありませんが、

「早く痩せたい」という一心で、
施術者自己流の食事のコントロールをする方も、中にはいらっしゃいます。

実は、食事制限は、素人ができるものではありません。

プロのスポーツ選手も、
プロの栄養士さんに付いてもらったりますよね。

食事制限って、とっても難しいんです。

綺麗に痩せたいのであれば、
エステティシャンから教わったことを忠実に行う方が、
結果的に早く綺麗に痩せることができます。

2つ目は、キャビテーション後に流さなかったこと。

これはエステサロンにもよるのですが、
キャビテーションは、実施したら流してあげる必要があります。

エステサロンによっては、
キャビテーションを数分当てたら流して、
数分当てたら流して、と繰り返すところもあれば、

一通りキャビテーションを当てて、
その後全身マッサージで流すところもあります。

また、キャビテーションを当てるだけ、というサロンもあります。

キャビテーションで破壊された脂肪細胞が、流れずに留まってしまうと、
結果的に新たな脂肪とくっついて、痩せないのです。

また、血液の流れを良くするために
ヒートマットなどを利用するエステサロンもあります。

キャビテーションでダイエットする場合は、
しっかり流すことを意識しましょう。

キャビテーションは家庭用とエステどっちがいいの?

上記にもあるように、キャビテーションの効果を最大限発揮するためには、
「当てたら流す」が肝になります。

よって、自宅用のキャビテーションは、自分でマッサージする必要があります。

お尻や太ももの裏などは、脂肪が多いうえに、
自分でマッサージをやりにくいため、念入りにする必要があります。

エステは、お金はかかりますが、
スピードも速く、マッサージやヒートマットなどで効果も最大限発揮できます。

個人的には、キャビテーションはエステがオススメです。

キャビテーションは4~5日効果が持続する

キャビテーションは、当ててから4~5日間は脂肪が柔らかく、燃えやすくなっています。

そのため、キャビテーションを当てて4~5日間は、
運動するとより痩せやすくなります。

ジムに行って極端な運動をする必要はありません。

ウォーキングや、エレベーターを階段にする、など、
日常でできそうなことを実施すると続けやすいです。

まとめ

リバウンドはキャビテーションが原因ではないことが分かりました。

ダイエットをするときは、リバウンドしないような食事管理をすることがとても大切です。

また、キャビテーションは、当てたらマッサージをすること、
さらに効果が4~5日間継続しますので、効果を無駄にしないためにも
日常で取り入れられる運動を継続しましょう。

関連記事

  • キャビテーションで効果が出る部位、通う頻度、効果を持続させる方法

  • キャビテーションは肝臓に負担?解剖生理学専門学校卒業生が解説!

  • 自己流セルライトつぶしは危険?経験者が語る効果的なマッサージ方法

  • キャビテーションとハイフは何が違う?体形タイプ別おすすめマシン

  • キャビテーションは子宮に影響あり?キャビテーションが受けられない人

  • 東京で安いキャビテーションエステ体験をするならどこがいい?